地方で活躍したい看護師におすすめの転職方法

結婚などをきっかけに、地方に引っ越しする看護師は少なくありません。
その中には、地方でも看護師として働きたいと考えている人もいるでしょう。

看護師の就職先は主に病院やクリニックなどの医療機関がメインになってきますが、基本的にどこでも人手不足の傾向があります。
求人数が豊富なため転職はしやすいですが、その分、働きやすい職場を見つけ出す方法を知っておくことが大切です。そこでここでは、新たな場所に転職するために有効な3つの方法を紹介しています。

第1は、知人や先輩、元同僚などに紹介してもらう方法。
もし引っ越し先の地方に知人がいれば、その人のツテを利用した方が転職先が見つかりやすいでしょう。
人の紹介によるメリットは、職場の雰囲気など求人情報には記載されていない本当の情報が分かることです。その情報を基にして、応募するかどうかを判断しても良いでしょう。
さらに身近で信頼できる人の情報なので、安心感が得られるといった点も見逃せません。

第2は、国が運営しているハローワークを活用する方法。
ハローワークは全国各地に設置されていて、ホームページも運営されています。そのため、全国各地の求人情報をチェックすることが可能です。膨大な求人情報を無料で閲覧することができるため、一度はチェックしておいた方がいいでしょう。

第3は看護師専用の転職サイトを利用する方法。
近年では、看護師に特化した転職支援サイトが多く運営されています。看護師に特化しており、病院と連携して情報提供しているようなところもあるため、一般の転職サイトよりも情報が詳しく書かれています。
専門的な情報がしっかり記載されているため、年々この方法で転職する看護師は増えています。
また、キャリアカウンセラーが転職活動をサポートしてくれる転職サイトもあるため、転職に慣れていない人は活用してみることをおすすめします。